カテゴリ:映画( 18 )   

それでもボクはやってない   

【土・晴れ】

最近、映画ブログみたいになってきてますね。

Shall we dance? の周防正行監督の最新作、
それでもボクはやってないを見てきました。(レイトショー)
c0032530_6573336.jpg

だいぶショッキングな内容でしたよ。
極めてリアル。
電車に乗るのがなんか怖いです・・・。

現在の日本の裁判制度を知るという意味でもとても為になる映画です。
[PR]

by kagis | 2007-02-03 00:00 | 映画

007 カジノ・ロワイヤル   

【土・晴れ】

真冬とは思えない陽気です。
寒いといえば寒いんだけど、涼しいといった感じね。
ゴルフの打ちっぱなし行ってTシャツ一枚だったもの・・・。
エルニーニョ??

今日は映画「007 カジノ・ロワイヤル」観て来ました。
3週連続です。
ジャンルはバラバラですが。
ちょっと集中して観てしまう時期ってあるよね。
c0032530_0445233.jpg

今回の映画に関しては元々アクション映画が好きだったし、結構堪能できましたよ。
ポーカーのルールをもっとよく知ってたらもっと楽しめたかも。
[PR]

by kagis | 2007-01-20 00:00 | 映画

鉄コン筋クリート   

【土・曇り】

福岡県中間市まで映画観て来ました。
久しぶりだったのですが、AMCじゃなくなってたのね・・・。

今回は「鉄コン筋クリート」。
c0032530_101122100.jpg

松本大洋の大人気コミックを映画化したやつですね。
ちょっと哲学的な部分があって、わかりにくい部分もあるのですが(人が空を飛ぶしね( ;´・ω・`))、いいですよ☆
描画が素晴らしいとです。
言い過ぎなのかもしれませんが、一つの芸術作品みたいに仕上がってます。
原作は見たことなかったのですが、とても楽しめました。

でもまさか二宮和也が声優やってたとはつゆ知らず。
こないだの硫黄島からの手紙といい、いろんな所に出演してるね。
[PR]

by kagis | 2007-01-13 00:00 | 映画

硫黄島からの手紙   

【月・曇り】

「日本から見た硫黄島 硫黄島からの手紙」見てきましたよ。
お涙ちょうだいといったものではない、それとは違う感動を味わえる映画でした。
イーストウッドはいい映画を作ったもんですね。
「アメリカから見た硫黄島」もいつか見たいです。
c0032530_771077.jpg

[PR]

by kagis | 2007-01-08 00:00 | 映画

ロボコン   

【火・晴れ】

借りていた映画のDVDをようやく観ることができました。
「ロボコン」(2003)
c0032530_752747.jpgOさん、やっと返せます。

高専の甲子園ともいえるロボットコンテスト。

NHKでもちょくちょく見ますよね。
映画では実際にある高専が協力してまして、かなりリアルに再現されていると思われます。
競技も実際に以前見たことがあったような内容でしたし。
高専というところを知る上で見所ある映画だと思いますw
徳山高専が舞台ということででローカルっぽさも溢れ出ていてよかったですね。
あと長澤まさみファン必見(?)ともいえる映画でした。
ただ、話がちょっと単調でしたね。
ちょっと盛り上がりに欠けた感がありました。

しかし、技術というものは進歩するもので、2005年のロボコンをNHKで見てましたが、年々激しく高度で複雑になってますね。
確か競技内容は、
「バトンを落とさないように梯子くぐって、平均台渡って、ハードル越えて、別のロボットにバトンタッチして、壁登って、穴にバトンを入れる。」
といったものでした。
よくこんなの作れるもんだとホント感心しながら見てました。
いや~、彼らはスゴイ。
[PR]

by kagis | 2005-12-27 00:00 | 映画

ALWAYS 三丁目の夕日   

【水・雪】

観て来ました。
ALWAYS 三丁目の夕日

c0032530_353034.jpg観ようと思ったのは、当サイトと相互リンクしてもらっている昭和ハウスさんがきっかけ。
こちら、昔の昭和家電や雑貨を取り扱っているお店でして、この映画で多数使用されたとのこと。
一度お伺いしましたが、確かにそれらしいレトロな冷蔵庫やテレビがいろいろ陳列されてあったのを覚えています。
(ちなみにブラックモンブランも売ってありますw わざわざ三重まで取り寄せていらっしゃる素晴らしいお店。)
そういった繋がりと、私、結構昔を舞台とした作品が好きだったりで観てきたわけです。
だから特に内容はよくわかってませんでした。
私が生まれる遥か昔の話ですしね。
ただ何日か前に原作の漫画をチラッとは見てました。

昭和30年代。
もやは戦後ではないといわれ、驚異的な復興を遂げ高度成長に向かおうという時代。
まさにそれを象徴する、完成すれば世界一の高さを誇るという建設中の東京タワー。
その下で、活気に溢れ、そして懸命に生きている東京下町夕日町三丁目の個性豊かな人々の生活を描いた人情溢れる作品。

観ていてストーリーが何となく読めた感もありましたが・・・・・。
泣いた。
そんなもんお構いなしに5回くらい泣いた・゚・(つД`)・゚・
全米も泣いた。
やられたよ。

最近、鈴木宗男や前田大尊並に涙もろくなった自分に気づきます。
宗男氏は大好きな松山千春の歌を聞いているだけで涙するそうな。

しかし、素敵な映画でした。
キャストも全体的にハズレは無かったと思います。
とても暖かい気持ちになれます。
オススメです。

青森の田舎から上京した星野六子を演じる堀北真希の津軽弁がややツボでしたw

p.s.初めて堀北真希の名前を聞いたとき、「ホリキタ・マキ」でなくて「ホリキ・タマキ」だと思ってました。

http://www.always3.jp/
[PR]

by kagis | 2005-12-14 00:00 | 映画

ドラムライン   

【月・曇り】

昨日CDショップで、なんとなくDVD映画見てました。

いや~、安いもんですね。
997円からあるじゃないですか!(・∀・=・д・)

あれ?
これは先日映画の話をしてて、おもしろいと言われてた作品では?
ドラムライン
悩みましたが安い(997円)し、気になったので購入。
2002年 /米 /119分 /監督チャールズ・ストーン三世 /主演 ニック・キャノンc0032530_23404752.jpg

それを今日観ました。

なるほど。
面白いと言っていた理由がわかりました。

マーチング・バンドのレベルの高さに感動!
マーチング・バトルがすごく見応えあります。
改めて黒人のリズム感の良さを確認しましたよ。
ちょっとした芸術作品とも思えますね。

ただし、ストーリーはありきたりのスポ根青春モノ。
あまり新鮮味はないですね。
嫌いでもないですが。

主演のニック・キャノンは「Shall we dance?」にも出演してるみたいです。

http://www.foxjapan.com/movies/drumline/


p.s.今日もパラパラと雪が降りました。
[PR]

by kagis | 2005-12-05 00:00 | 映画

SAW2   

【月・晴れ】

<※ネタバレは極力避けてます>

10月も最終日。
今日はSAW(ソウ)2観ました!
サスペンス映画(米)。

これで先日観た「蝋人形の館」を観て生まれた「素晴らしくわずらわしい気持ち」を払拭できるはず!c0032530_10424325.jpg
前作SAWから約1年。
待ってましたよ!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
期待と不安を胸に観てきました!
なぜ不安があるのかというと、続編を作ると失敗する例が多々あるのでちょっと心配だったため。

しかし実際観てみて、んなこたない。
オモシロイ!
1の流れを継承しつつ新しい展開が用意されてました。
ところで1を観ているから仕掛けや殺傷シーンなんか余裕だと思ってましたが、考えが甘かったですね。
やっぱり怖いものは怖いし、痛いものは痛い。
顔面を凝固させつつ鑑賞してました。

前作と同様、最後の最後に全てが分かるようになってます。
エンディングがこんなにしっかりしている映画ってなかなかないですよ。
スッキリして帰れます!( ´ー`)フゥー...

でもよくよく考えると観たあとも謎がいろいろ残る映画なんですよね。
アレはなんだったんだろうか・・・(´-ω-`)

そんな謎・疑問の中で根本的なもの。
今さらですが「SAW」の意味とは何なんでしょうね?
いろんな意味があるんですが、
1. see(見る)の過去形
2. のこぎり
のどちらかに絞られると思います。
前者は犯人がどこからか見ていたという意味でも取れますし、後者もまさに映画の中で出てくるような凶器ですよね。
ふ~む・・・・(´-ω-`)
わかりません。
まぁ、どっちでもいいです。
どっちかでしょう!

こりゃ3もでるな。


http://saw2.jp/
[PR]

by kagis | 2005-10-31 00:00 | 映画

蝋人形の館   

【日・雨のち晴れ】

若松を後にし、映画を観に行ってきました。

蝋人形の館(HOUSE OF WAX)

聖飢魔IIは関係ないですよ。
今回は、CMを観ただけでまったく下調べなし。
c0032530_1083853.jpgただ、R15で年齢制限がかかってて、ジャンルがホラーだということは知ってましたよ。

後で調べたら、1930・1950年代に映画化されている「肉の蝋人形」のリメイクらしいです。

しかし、いざ観てみるとR15というのに深く納得。
出てきた主要キャラのほとんどが殺されてしまうし、何よりその殺され方がエグい!
イタイタしいし、いや気持ち悪い・・・(;´Д`)
ショッキングな映像が出る度、顔が引きつってました。
想像してたモノとかなりかけ離れてましたね。
怖~(;・∀・)
あくまでも個人的にですがあんにはまりオススメできないかも・・。
もはや蝋人形に良いイメージが沸きません(;´Д`)

あ。
そういえばホテル王の娘、パリス・ヒルトンが出てました。
いろんなトコに出てるな・・・。
[PR]

by kagis | 2005-10-22 00:01 | 映画

しもつま   

【土・晴れ】

下妻物語(2004)観ました。c0032530_10373076.jpg
舞台は茨城県下妻市。
ロリータファッション命「桃子(深田恭子)」と田舎ヤンキー「イチゴ(土屋アンナ)」のコテコテの友情物語。
激しくアホくさい映画でなんとも訴えるものがよく分からない映画でしたが、なかなか面白かったですw( ´,_ゝ`)
ストーリー云々よりもテンポやキャラがよかったと思います。
軽くススメられて半信半疑で観たわけですが、ハズレじゃなかったですね。
みんなのみんなのシネマレビューでも意外と評価いいんですw

そういえば最後の方で「まちゃまちゃ(魔邪)」がヤンキー役で出演w
キャラも髪型もまったくあのままでw
まちゃまちゃホームページ
[PR]

by kagis | 2005-09-17 00:00 | 映画