JAF   

【水・雨】

PM10:00、着信アリ。
僕「もしもし?」
T 「kagis、JAF入ってる?」
僕「入ってるよ。・・・・ま・・・まさか(事故った)!?」
T 「鍵閉じ込めた~。」

(°Д°)ハァ?
なんだ鍵か・・・、めんどくさいな。
JAFは知合いにも適用されるらしく、重い腰をあげて出動しましたよ。
これでJAFを呼ぶのは2度目。
前回はバッテリーでしたな。

コンビニでTから謝礼にデザートとビックリマンチョコ(復刻版)おごってもらいました。
ヤマトJが当たりました。

2,30分くらいでJAF車が到着したとの電話。
あれ?
例の機能的で青い変形でもしそうなJAF車ではなく、何ら変哲のない軽ワゴンがやってきましたよ。
おじいちゃんとおばあちゃんが搭乗してました。
自転車屋さんでした。
まさかこんな老夫婦がやってくるとは・・・。
さすがJAF。
半端じゃないネットワーク網です。

早速作業開始。
Tの車というのはだいぶ昔のマークⅡ。
「この手の車が一番厄介なんだよね。」みたいなことを言われました。
ごめんなさいね。

お。
お?
おお!?
( ・∀・)つ〃∩ ヘェー!!!!
こんな風に開けるのね。
極めてアナログな職人技を目の前で見せてもらいましたよ。
ものの5分程度でオープン。
(´<_`  ) 流石だよ。
これマネできないかな?|-`)

仕事を終えるとその老夫婦はさっさと帰って行きました。
[PR]

by kagis | 2006-03-01 00:00 | 日記

<< 第2段 ひねり >>