「ほっ」と。キャンペーン

九州国立博物館   

【木・雪】

九州国立博物館(福岡県太宰府市)行ってきました。
先々月、10月16日に開館した東京、奈良、京都に次ぐ日本で4番目の国立博物館。
九州は歴史的にもアジア諸地域との交流の重要な窓口、拠点であるという背景から、他の3つの博物館にはない「日本文化の形成をアジア史的観点から捉える」というコンセプトで運営されています。
c0032530_4115285.jpg
さて、そこまで行くにはちょっとした峠を1つ越えなければいけません。
といってもそれは別に大した問題じゃないんです。
ラーメン食べに行くときよく通ってますし。
ただ天気が非常によろしくない。
ちょっと登り始めたら雨は雪に変わり、景色も一変。
杉村太蔵議員の人生観以上に山をなめてました。
「料亭行った事ないですよ、行ってみたいですよ!料亭!」
ヤバイ・・・。
行きはなんとかなりそうですが、帰り(夜)が心配・・。
まあなんとかなるでしょう。

到着!
c0032530_4122290.jpgでか!
国立博物館の中では最大らしいその建物は、壁面が総ガラス張り、波打った形の屋根なんかで金かかってそう。

あ。
そういや、何が展示されているのか全く知りません。
どうやら特別展はやっていないみたいです。
残念。
近々、開館記念特別展第二弾『中国 美の十字路』(2006年1月1日~4月2日)があります。

では、平常展は何かというとコンセプトに基づいて『アジア文化交流展』。
4階でやってました。
9万年前の阿蘇の大噴火によって焼けだされた木から、近代の工芸品まで多種多様の展示品。
個人的に気になった展示品を下記に示します。

●縄文土器
この上なく使いづらそう。

●はにわ
おーい!はに丸の「はに丸」と「ひんべえ」にしか見えない。

●アフガニスタンの仏頭
鼻が高くて、すごい男前の仏様。
ダビデかよ!
琴欧州を初めて見たときのあの感覚。
何かが違う。

●ペリーの鉄砲
ペリーから江戸幕府の役人に送られた鉄砲。
「カイコクシナサ~イ!」
送られたと書かれてましたが、たぶんコレで脅したんでしょう。
他にもペリーの婚約指輪や遺髪を編みこんだペンダントもあって、ペリーファンには堪らない品を展示。

なかなか見ごたえありました。
c0032530_413171.jpg
近くには太宰府天満宮がありますので、ついでに参拝してきました。
天満宮まではトンネルで結ばれ雨に濡れずに済みます。
何か光っててオシャレトンネルでした。


五円玉で参拝。c0032530_4135413.jpg
持ち合わせが無かったんです。
ほんとです。
梅ケ枝餅食べました。
(゚д゚)ウマ-
店のおばちゃんと話してましたら、博物館ができてお客さんが増えたそうな。
よかったね。

帰り道、案の定峠はチェーン規制。
そんなの持ってません!
強行突破。
試しにブレーキ踏んだらやっぱり滑走。
(;´Д`)
超低速運転しました。
死ぬかと思いましたよ。

http://www.kyuhaku.com/pr/index.html
[PR]

by kagis | 2005-12-15 00:00 | 日記

<< 丸貴ラーメン ALWAYS 三丁目の夕日 >>