匠寛堂のカステラ   

【月・晴れのち雨】

友人のIが日曜日にカステラが食べたいと長崎市へ行ってきました。
しかも日帰り(´ヘ`;)
なんで!?
とにかくお疲れ様です。

江戸初期にポルトガル人から伝えられたカスティリア(スペイン)のお菓子。
それがなまって「カステラ」と呼ばれるようになり、さらに改良を加えられ今の「長崎カステラ」にいたるそうな。

彼は本場のカステラを求め長崎入りし、
お土産に匠寛堂のカステラ いただきましたよ。c0032530_8343569.jpg
この匠寛堂(しょうかんどう)というお店。
実はけっこう有名な店らしいですね。

http://www.toshima.ne.jp/~akamaru/co-20041021.htm

皇室にも献上しているというカステラを作っているんです。
その名も匠寛堂・五三焼「佳好帝良」(しょうかんどう・ごさんやき・かすていら)。
※もらったのは別の一般のカステラですけどね|-`)
卵を黄身5白身3の割合で使用することから五三焼。
完全に手作りらしく大量生産はできないとのこと。
これがけっこうなお値段らしいんですよ。
1斤3,675円。
高!Σ(゚Д゚;)
ん~、買えないことのないけどちょっと厳しいかな・・。

今回もらったカステラも美味しかったですけど、五三焼もいつか食べてみたいですね。
[PR]

by kagis | 2005-11-21 00:00 | グルメ

<< お祭マンボ 南海キャンディーズ >>